APEX病院コミュニケーションシステム

安心感のシステム

従来のナースコールシステムは患者からの応対をナースステーションで行っていました。そのため、ナースステーションにはかならず一人が詰めていなければなりませんでした。  しかし、このシステムではナースコールとPHSと組み合わせることによって、患者からのコールをPHSですばやく受け取ることができます。移動中や作業中でもすぐに通話できますので、緊急時対策も万全。看護業務の効率アップがはかれます。効率的な連絡体制を構築し、迅速な対応と円滑なコミュニケーションを実現することは、患者さんに安心感を与えるとともに看護スタッフの負担を軽減し、充実した医療体制を確保するために欠かせません。  いつでもつながり、すぐ対応。医療機関、福祉施設に欠かせない安心と信頼を、さらに高めることのできるシステムです。

ja6b01_1.gif

患者さんに安心

  • 緊急の呼び出しがすばやくキャッチされ、いざという時も安心です。
  • 自分の病状を熟知しているナースが対応可能。心強い気持ちで入院生活が送れます。
  • 体調の報告、薬の服用法や治療過程などの質問・確認ができ、きめ細かく適切な治療・看護が受けられます。

看護スタッフにとっては・・・

  • 患者さんの容体の変化に迅速に対応でき、看護する側も安心感が得られます。
  • ナース間のコミュニケーション機能がアップ。連携による労力の軽減がはかれます。
  • 緊急時の医師との連絡が迅速に。患者さんにも的確かつ速やかに対応できます。
  • 複数台のナースコール主装置の呼び出しにも応答。夜間など少人数の勤務でも幅広く対応可能です。
  • 最大8台のPS(コードレス子機)を同時に呼び出し。だれか1人が手を放せない状態でも安心です。
  • PS(コードレス子機)の液晶画面に部屋番号・ベット番号を着信表示。的確な行動に結びつけます。
  • PS(コードレス子機)から直接病室の患者さんを呼び出し可能。看護ニーズに応じた患者把握ができます。
ja6b01_2.gif

医師にとっては・・・

  • 急患の到着や入院患者の容体急変など、緊急情報の入手と対応が迅速に行えます。
  • 看護上注意が必要な患者さんについて、院内はもちろん院外からもきめ細かい指示が与えられます。
  • 必要に応じてナースや患者さんとコミュニケーションが可能。病状や経過を逐一把握でき、医療活動に活かせます。
  • 往診時はPHS端末として使用できます。

病院にとっては・・・

  • 医師と看護婦、病棟管理者などの病院内のコミュニケーションがよりスムーズに。病院全体の業務の効率化が図れます。
  • 業務連絡もPS(コードレス子機)で。院内放送が減り病院内の静粛度が高まります。
  • 患者さんが安心して治療に専念でき、医療機関としての信頼性の向上が図れます。
  • 病院の現状とニーズにあわせたシステム構築、トータルサポートが可能。導入から運用・メンテナンスまで安心して任せられます。
  • 事務用電話システムを統合でき、効率的な院内コミュニケーションシステムの構築も可能です。

お問合せ先:四国通建株式会社 ・ 電設部

質問や不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

0898-34-1022

メールでのお問い合わせ

densetsu@gn.stk.co.jp

〒794-8601愛媛県今治市南大門町1丁目1-15TEL 0898-32-5555(代)